お花の頼み方。

KaLa

-
そろそろ年賀欠礼のハガキが届く方も増えて、
お悔やみのお花のご注文も増えてくる時期になります。
お花を贈るには、まずは2つのパターンがあります。

1.ご自分で直接渡す。
2.お花屋さんに、お届けを頼む。

1は、お好きなお店に頼めばOKなので省略するとして、
2の場合は、更にいくつかの方法に分かれます。

2-1:お花屋さんからお届け先へ直接配達してもらう。
2-2:お花屋さんの商品を直接宅配便で発送してもらう。
2-3:ご注文はご自身の近くのお店だけど、お届けは、お花屋さんネットワークを使って、お届け先近くのお花屋さんから行ってもらう。

それぞれメリットデメリットがあります。

2-1は、ご自身の希望に近い花をお届けする事が出来ますが、
お花屋さんの配達エリアに入っているかどうか、確認して下さい。
(日時や場所によっては、お届け出来ない事もあり、それは各店によって大きく異なります)

2-2は、2-1と同じく、ご自身の希望に近い花をお届け出来ますが、
宅配料がかかる、荷物サイズに制限がある、破損事故に遭う可能性がゼロではない、などのデメリットもあります。

2-3は、有名な、「花キューピット♪」のような生花店同士の相互扶助サービスですね。
花キューピット=頼んだお店から配達してもらうシステム、
と思っていらっしゃるお客様がいらっしゃいますが、そうではなくて、
近くのお花屋さんに注文→そのお花屋さんが加盟してるネットワークに同じく加盟している、お届けエリア近くの花屋さんに商品製作と配達を依頼→そのお花屋さんの商品を、そのお花屋さんが直接先方に配達する、
そういうシステムを指しています。
注意していただきたいのは、「頼んだお店のオリジナル商品を、配達先近くのお花屋さんが届けてくれる」システムではないという点ですね。(ここを勘違いなさるお客様が多いのですが、これってお客様にとっては重要な違いだと思いますので、ご注意下さいね。)

前置きが長くなりましたが^^;この場合のメリットは、
状況によっては、頼んだ当日でもお届けしてもらえる。
直接手渡しなので、お届け先様のご都合を伺いながら、お届け手配が可能、などでしょうか。
デメリットは、そのお店がどんなお花をお届けしてくれるのか事前に分からない。
価格に地域差がある為、こちらで頼んだ場合よりも割高になる事もある。
お花の細かな要望が受けられない場合が多い。といった感じです。

状況やご予算などにより、それぞれ選択出来ない場合もあります。
お花を贈りたい、と思ったら、まずはお花屋さんに相談してみて下さい。
・お届け希望なのか、自分で持ち帰るのか。
・お届け希望なら、お届け場所と希望日時、おおよそのご予算を伝えて、どんな方法があるのか、確認。
(ご予算を伺うのは、それによって「取れない選択肢」が存在する為です。3000円以下の商品は花ネットワークでは流せないですし、逆に高額すぎて宅配便では送れない場合もあります。「気持ちを贈るものなのに、まず予算から聞くの??と思われるお客様もいらっしゃいますが、そもそも【選べない選択肢】をご提案してしまうケースを減らす為には、おおよそのご予算を確認する必要がある事をご理解いただければと思います。予算は決めてない、いくらでもいいよ、というお客様もいらっしゃいますが、それでも「3000円~1万円まで」ぐらいの「おおよそ」は決めてらっしゃると思います。それで大丈夫ですので、お伝えいただければと思います。)


TEL:052-621-8783

171105.jpg


□■Ka/La(カラ)■--□------------------□□
〒458-0810
愛知県名古屋市緑区八つ松1-1908
TEL:052-621-8783
FAX: 052-621-8783
Open:09:30~18:30 火曜日定休
名古屋市緑区の花屋KaLa(カラ)
KaLa販売サイト(イーフローラ)
  e-mail: info@e-kala.com

□---□■-----■--□------------------□□

お洒落な花束アレンジ生花プリザーブドフラワー造花アーティフィシャルフラワークラッチブーケコサージュ花冠配達配送名古屋市緑区豊明市刈谷市みよし市豊田市一部ブリザードブリザーブドウェディング常時多数展示ナンバーワン人気点以上

Posted byKaLa